日本での感染も考えられる|もしかしたらと思ったら性病検査しよう|治療で治るから放置しない
女医

もしかしたらと思ったら性病検査しよう|治療で治るから放置しない

日本での感染も考えられる

医者

自分は大丈夫だろうと考えがちな性病のひとつエイズは、誰でも成りえます。エイズは、性的感染、血液感染、母子感染などにより、うつり、なります。エイズの原因は、ヒト免疫不全ウイルスです。ヒト免疫不全ウイルスは、カビやウイルスなどの病原体から体を守るTリンパ、マクロファージに感染するウイルスです。そのため、体の免疫力が弱くなり、風邪など引きやすくなり、病気にかかりやすくなります。エイズ検査を行いたい場合、全国にある保健所、自治体特設検査施設、医療機関で行えます。一般的に、採血を行い、採血した血を使い、抗体検査(スクリーニング検査、確認検査)を行います。自費費用がかかります。(5000〜10000円)また、自宅でエイズ検査することができるキッドもありますから、名前などの情報を伏せたいかた、忙しく検査時間がないかたなどにオススメです。

エイズ検査を行うことで、陽性、陰性のはっきりとしたことが分かります。疑わしい、不安といったかたは、エイズ検査を行うことをオススメします。他者への感染を防ぐために、大事なことです。もし、陽性の場合には、医療機関に相談しましょう。また、性的感染、血液感染、母子感染などでの感染を防ぐ必要があるため、行動が制限されます。免疫力が低下していることも考えられますから、その点も注意が必要です。エイズは、誰でも感染する可能性があり、完治不可能な恐ろしい病気です。そのため、安易に考えていてはいけません。感染から自分を守るために、エイズ検査を行い、性的感染は、特に感染する確率が高いとされていますから、注意しましょう。

Copyright © 2017 もしかしたらと思ったら性病検査しよう|治療で治るから放置しない All Rights Reserved.